読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばるかん




自室のソファに腰掛けている。や、腰掛ける、というよりも半分横になっているくらいだから、身体を預けている、に等しい。こういうぶぶんに神経質なくせに、けっきょくはけっこうなんでもよかったりする。伝われば。わたしはわたしとの会話がだいすきでだいきらいなのかもしれない。


ほとんど丸一日くらい料理をしていないと心臓の裏側あたりがカッカしてきて、うずうず、それはどんどん加速していく。ある食材を頭に浮かべて、あーしようこーしよう、どうしたらいいかなとか考えるのがやめられないから、そうなるのも仕方無いのかも。起きてすぐに夜食のことを考えたりすることもあって、もはや病にも近い。こんやは、玉ねぎとにんにくをしんなり炒めたところにあらゆるスパイスをなじませ、ホールトマトをたっぷり、火にかけ潰したところに緑豆をざっと加えてコトコト、カレーのようなもの。肉食化が進んでいる肉体に根負けしてポークハンバーグ。やっと作り方に慣れてきたクスクス。ちぎったグリーンリーフ。それらをぜんぶ一皿にのっけて、おいしい夜となった。スパイシーな煮込み料理にヨーグルトをぽてっとおとして食べるのにハマりつつある。きづくといろんな物事が変わっているのは、瞬間ずつでいろんなことに気づいているからなのだとおもう。そしてすべてはつながっている。迷路みたいだけど、それってけっこうたのしい。あ、マカロンたべたい。自分評価で83点以上のマカロンたべたい。欲求はいつだって突然に。


リッキー・リー・ジョーンズの音源を聴いている。pop pop ,

さいきん、夜がみじかい。夏至?というらしい。いままであまり気に留めたことがなかった。どうしてだろうか。朝より昼より夜がすきなわたしだけれど、それもいいな、そう感じている。だって休日の午後に起きてからお酒を呑みはじめてほろ酔いになったくらいでもまだまだ空が明るい、っていうの、うれしい。そういう単純さ。


数日前、一ヶ月くらい音沙汰のなかった親友がとつぜん職場にやってきて、うれしかった。去年地元へと戻った先輩から、自分のお店を開きます、と手紙がきて、なんどもくりかえし読んだ。ゆうべも同僚たちが口論をしていて、賑やかだなあとおもった。月があやしくひかっていて、遠くで犬たちが吠えているのがきこえた。なまぬるいようで、肌寒い夜。



恋人が眠っている。さっき食べたカレーのようなものに入れた豆みたいに、ふっくら、眠っている。寝息が耳に甘い。リッキーの声もぼんやり、甘ったるくてここちいい。マカロンいらなくなってきちゃった。


身軽になろう。
もしくは、ちからをつけよう。
わたしなりに、とべるように。