とける




冷蔵庫から、キムチの匂いがする。

きょうは、朝はやくから雨が降りつづいて、お昼すぎ、やんだ。



きのう、ひと月ぶりくらいに、恋人とふらふらおでかけした。彼は寄り道の天才である。目的地にたどり着くまでに、そうだあそこに寄ろう、あの看板みて、いってみよう、となり、うんうん、いってみよう、となる。わたしはコレと決めたら一直線人間なのだけど、たのしそうなことがすきなので、すこし焦りながらわらったりおこったりする。狭いとおもっていた世界はうんと広いことに気づかされる。気の短いわたしは、いつのまにか引っ張られていて、ふらつく足元は支えられてる。ふしぎだ。



あたらしくはじめた仕事も、気づくと3カ月くらい続いていて、時間と中身の濃度の差に驚く。いろーんなことがあって、ばたばた、しーん、ばたばたばた、賑やかで。仕事をするにあたって、やりがいがほしいとおもうのだけど、なんやかやおもいつつも、そんなものは自分でみつけるのだ、といまおもう。明日から状況がぐんぐん変わるんだろうけれど、やれるだけやりたい。すべてが毎回ちがうことだとおもうから。



十一月に、ライブの予定がある。計画、提案、練り直し、構成、色彩の濃淡、なにがみえるか、プラスチックに油絵具を撒き散らして、生クリームを絞って、果物をのせるかのせないか、じゃああの猟奇的人物が隠れている曲は?高いヒールを鳴らして逃げていくかんじで、変身したくて犬になっちゃったけどまだどうしても変身したい男の曲は?変身しつづけよう、

すごくたのしみだ。




冷蔵庫から、キムチの匂いがする。ソファにねむるねこからは、シャンプーのいいにおい。耳たぶに、蛍石がゆれる。なんだか、わたしは、すごくうれしい。



お元気ですか。

これは、残暑お見舞いです。

つぎの季節の風がふいてる。



saga

なんだかやっぱり厄年っぽい。

血液型なんちゃら、とか、占いとか云々、たいして信じちゃいないけれど、どうやら厄年らしい。ゆうべは硝子の破片を踏んで、わたしにも人間の血が流れていたか、とわらった。

でもまあ、何があっても不可能は無いとおもっているもんだから、ひとつひとつ、どうにかしていくしかない。解決?なのかはわからないけれど、煮るなり焼くなり茹でるなり、泳がすなり転がすなり横切るなどして。

えーと、

ただ一方的に、突然しらないひとに生卵をぶつけられているようなことがあって。わたしはけっこう気が短いので、ぶつけ返そうかともおもったけれど、またはね返ってくるのも面倒なので、通り雨くらいに捉えました。自分のしたことはいつか返ってくるとおもっている。先に手を出されたから、にしてもだ。

SNSにはたくさんのひとがいて、情報量が多い。流れてくるものをそのままに捉えるひともいるだろうし、勘繰り倒すひともいるだろうし、目にもつかないかもしれないし、生卵合戦に参加してくるひともいるかも。

そんなことをごにょごにょしている時間はとれないんです、わたしは。話したいならば、直接にしましょうよ。わたしは変わらず、逃げないです。

個人同士のやり取りに、とつぜん突っ込んできて、会話をするなと命令したり、勝手に連絡先を消すという行為、それらの行動や心情がわたしには理解できない。わたしとしては、ともだちと、話をしていただけのことなので、後ろめたさや疚しい気持ちも無い、ということを、直接電話でも話しましたし。そのとき、夜中に、ともだちの携帯電話からわたしに電話をかけてきて、じゃあ話しましょう、とわたしが言ったとき、黙り込んだのは、あなたと同一人物ですよね?と問いたい。

嫉妬や不安、の感情は、わたしにだってあるので、わからなくもないけれど、状況をみようともせず、他人同士の繋がりを力任せに遮断しようとする行為に、わたしは驚き、軽蔑しています。

いまはただ、わたしのだいじなともだちが、生きていればいいなと、すこしでもおだやかでいてくれればいいなとおもうだけです。二週間以上、連絡も音沙汰が無いままなので。

もっと勝手なことを言えば、あんまりかなしませないであげてほしい。わたしにとっては、だいじなともだちなので。

この文面をみていてもみていなくてもどちらでもいいとさえおもいますが、

あなたはあなたで、わたしはわたし、なので、あなた、の邪魔をするつもりはないですし、わたし、の人生の邪魔をしないでほしいです。個人的にはそんな感じで、宜しくおたのもうします。

・ ・・‐ ‐・ - ‐ ‐ ‐ ・・ ‐ ・・・ ・・



だれにもあいたくないようなきぶんだな、とおもった。いや、そもそも、わたしはひとりでいるのがすきで、いっしょにいたいとか、あいたいとか、そういうことのほうが稀なのだときづいた。


一声や、一文字で、うれしくなったりする相手もいて、わたしはすごく勝手なのだとわかる。そんないきもののほうが稀なのだ。


あたたかいひとはこわい。逃げたくなってしまう。だけど、もうしばらく、あたたかいばかりのひとをしらないから、こうして留まって、いきてこれているんだとおもう。おだやかなのと、たいくつなのはにているから、はきちがえないように、目を凝らす。あんまりよくみえない、けど。


みらい の ビュー が すこし みえてきたから 進もう。もっと、したたかに、ありたいとおもっている。しなやかに。ほしいものが、ひとつだけある。だけどまだ、だれにもいえない。だれにものぞまれてはいないし、こわいから。モールス信号をすこし、おぼえたんだよ。



なんだってできるくらい若くはないけれど、なんだってやるきもちでいる。すこしつかれてるけど、まだ動ける。だいじょうぶ。


とおくてちかくにいる友へ。

だいじょうぶだってば。




こいびと



恋人ってなんだろう、とおもった。外を歩いていると、電車に乗っていると、働いていると、恋人どうし、みたいなひとたちに遭遇することがある。手を繋いでいたり、親密そうに話していたり、抱きあってたり、揉めているふうだったり。だけどその認識って、わたしのもので。


なんなんだろう、



わたしには恋人がいて、いっしょにいるようになってからもうすぐ二年になる。唐突ハリケーンみたいなケンカを10回くらいはしていて、雷もおちたし、地割れもした、摂氏零度以下になったこともあったし、噴火もした。アレ?ブレーカーおちた?と思わず焦るような空気にもなったし、もう顔もみたくないからちょっと機関車トーマスのお面買ってくるね!みたいなこともあった。にぎやか。



いま現在、恋人の左目はどす赤く内出血しているし( わたしが殴った )、わたしの肋骨にはヒビがはいっているし( 殴られてはいない )、はたからみればびっくりされるのかもしれないし、わたしを何よりもサイテーな気分にさせるのは彼で、だけどわたしをだれよりもうれしくさせてしまうのも彼なのだときづいて、へらへらわらっている。なんでもいいや、とおもったりすることがあるけど、こういうことなのかもしれないなってかんじているいま。




酔っぱらって眠っている恋人を視線の端に、わたしはおさけをのんでいる。

テーブルの上には、4つのスウプ。

たいくつだから、いたずらしよう。

起こさないように。




びじょん



いろんな遊具を通りすぎて、いまわたしが立っているのは砂場だった。すべり台は、どうしてもすべってしまうし、ブランコは、漕ぎすぎてしまう。木馬をゆらすのにはもう飽きて、鉄棒なら子供のときからへただった。だから公園にいっても、だいたいベンチに腰かけて、ぼうっとしていることが多かったようにおもう。それか、森や林の茂みに秘密基地をつくって、


砂場かあ、と考えを巡らせてみると、いろんなことができるんだよな、おもった。掘って掘って、掘りつづけたら、どこにたどりつくのだろ。



こんやは、へんなよるだ。

終電の山手線、原宿駅でドアが開くと、スーツ姿の若い男が中年男性を引きずりまわしているのをみた。無理矢理乗車させようとして、中年男性は逃げようとして、そのままホームにすっ転んでった。ドアが閉まり、満員電車内の空気はしん、として、わたしの目の前にはスーツの背中、このひとはどんな表情をしているんだろうって、想像してみたけど、見えなかった。

池袋駅で降りて、駅構内を歩いていると、ご立派な排泄物が渦を巻いて落ちていて、ちょっとわらった。前に渋谷センター街の花壇にしゃがんで排便しているひとを見たことがあるのをおもいだした。いつだって既に自由なんだよな、って。ちょっと違う気もするけど。



なんにもわからないから、なんにもわからないから、いきるためにいきようとおもってる。ことばは、だいじだとおもうけど、もうひつようないきもしてる。129時間って、いきてるうちの何分の一だろうとかおもってしまう。とめたのはあのひとで、とまったのはわたし。だけど、やっぱりすべて幻なようなきがしてしまって、区別がつかないから、やっぱりいかなくちゃ。首がもげる前に。





紐っていうより糸




ついにちょっと水が溢れた感覚がした。涙腺の話では無くて。塵も積もれば、なんだね、ことわざすごい、とおもった。


わたしは随分と変わった。だけど根本は変わらないんだな、と痛感していて。石の上にも、何年だっけ。忘れちゃった。忘れちゃおう。石なら温まらなくていい。



だいじなことは、わかってた。

人生を変えたような瞬間がこれまで二度あって、ああまたくるかな、とおもっているけど、きっともう既にわたしの中身は変化した。もしもそうなったら、もうほんとうにすごいたのしみすぎるしこわくてやばいんだけど、そうじゃなかった場合の先、この色が薄れるかというとまたちがうんだとおもう。脳内垂れ流しでこんなところに綴ってもだれもわかんないんだろうけど、わかってほしいわけじゃない。

興奮してるだけ。

吐きたいだけで、



みんなじぶんの都合でやってるじゃない。わたしだってそうだし、それならちゃんとやろうとおもってる。まもりたいものをまもりたいし。まずは生活がだいじだ。想像するのは純度がたかいけど、現実をみるということ。



しなやかなあのこが、ロボットみたいにしか動けなくなっているのをみていられない。鳥でも猫でも構わない。これは義務感でも情でもない。

じゃあなに?






にがい




家の近所には、まるいかたちをした街灯がおおいようなきがする。

いつかの満月の夜、ぼんやりした頭で歩いていたら、どれが月なのかわからなくなって、わらいながらないたことをおもいだした。くるっているのはわたしか、せかいか、歪んでいるのはめだまか、空間か、そんなふうにかんじたんだったとおもう。


じかんが、いつだってひつようなのに、のんびりしてたら時間切れ、なんてことを想像したりするじゃない?しないひともいるだろうけど。何様かしらないけど、ぼくらは天秤にのせられて、重い軽いそうじゃないとつまんで放り出されゆれつづけてるようなきぶんになったりして、




あのお弁当には何がはいってるだろうか、じぶんがつくるんだったら、入れるものは決めれる。だれかがつくったものなら、あけるまでのおたのしみ。シュレディンガーのお弁当、あけたら、からっぽかもしれない、だけどすごくおいしそうとかんじるかも、



ポケットには、いつでも塩を入れておこう。どんな料理だって、一振りで、あじは変わる。




ゆうべ、恋人と花火をした。

ぱちぱちして、うれしかった。