読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チーズのプール


夜が、ずっとすきだった。

朝なんてこなければいいと心底おもった日はどれだけあっただろうか。


太陽のひかりを浴びすぎると、体が重たく怠くなることにきづいて、長年で築いていたこの体質をうらめしくおもっているさいきん。外に出るのはすきだからどうにかしたい。


いま、自らの計算の甘さや惰性や詰めの弱さのおかげで、ぎりぎりのところにいる。あーやっちまったな、と、ついに笑えたりもするくらいで、笑ってる場合じゃないのよ、と、更にわたしが言う。そうなのよ、わかっているけど、わかっているから、笑いながら踏ん張るときなのだよ、と。くらいままだとカビはえちゃうかもよ、って。



きょうはげんきがなくて、はじめたばかりの仕事を休もうとした。けど、いちどあまえたぶぶんは、ゆるゆるゆるんでいくだろうとおもって、体調絶不調でも仕事を休んだりしないひとを見習って、よっしゃと玄関を出たのだった。あたらしい職場では、まだ緊張しているけど、たのしくて、いろいろおしえてもらっていて、おぼえたいことがあって。やりかたってたくさんあるんだなって何度もおどろく。


ねむっておきたときだったり、外に出掛けて家に帰ってきたとき、ねこと亀がげんきそうにしてると、うれしい。ただそれだけのことだけど、それってすごいことだなとおもって。いのちはいっしゅんだから。わたしは単純過ぎるのかもしれないけど。



ひとりで考えても仕方の無いことは、できるだけ考えずにそっと置くことにした。モーゼもびっくりなくらい、ひとつのことばかり考えすぎて海も割れそうウワーってなるから。罪の無い魚も干からびる。



電車に揺られていたら、ともだちのうたが耳にながれてきて、なきそうになってイヤフォンを外した。いいうた。

ぼろぼろになった靴を捨てて、ピンヒールを履いたら、きもちがしゃんとした。たいせつなものってそんなにない、けどあるから、うれしい。



窓の外で近所の子供が泣き叫んでる午前3時過ぎ。恋人の虫歯がはやくなおればいいなとおもってる。


チューニング



こんなふうになりたくない、といつかおもっていたような人に、わたしはいつのまにかよく似ていた。両手の痛みや目の色は、それをきづかせた。


こうも感じた。

ずっとわたしは何にもなりたくないはずだった。なのに、いつのまにか何かになろうとしていた。いいわるい、わたしの中でこれはそういう問題なのではなくて、すごく驚いた。くだらねえ、そうちいさく聞こえて、過去のわたしがとおくで待ちぼうけてしてわらっているのがわかった。ずいぶんとおくまできた。


わたしはわたしをむかえにいく。

あの頃、親やともだちは、わたしの生き方を心配してくれていたけど、わたしはやりたいことばかりやって、周りが引くくらい、だけどすごく生き生きしてたようにおもう。同時にそんな自身を嫌悪してもいた。コントロールなどいつだってできないまま、天秤の左右に乗って、揺れ続けてるばかりだったからだ。だけど、そんなのいまだってかわりはしないし、おなじボタンばかり力任せに押し続けていれば、壊れてしまうこともある。


わたしをころせるのはわたしなので、ぶつかって相殺の場合、またうまれちゃったりするのかな、とも予想している。


どうしたいか、それがいちばんいまはだいじだ。肉体は機能してる。



猫がこっちをみてる。ねむっておきて、ニャァと喋る。何を言いたいのかわからなくて、目をみる。やっぱりわからないのだけど、きづいたことは、ことばではなくて、行動で、彼女の訴えがすこしずつわかるようになってきたということ。人同士もにたようなものかもしれない。わたしは頭のどこかで、ずっとそのことならしっていたような気がした。


ばかにしたり、見下しているような人に、何かを発したりはしない。時間は命に等しいと、わたしはおもうから。



最後の最期には雨がふるかな。


カメレオンになれたらと最近よくおもうけど、死にたいともおもう。

忌まわしい自分は本気で殺さないと蔓延り続ける。進め。


mi-ow



ひさしぶりに、日記でも書こうとおもったら、記憶の無いままに書いていた数日前。何を思っていたか、それすら分厚い磨り硝子の向こう。こんなばかは他に知らない。


過去に苛まれるのはじゅうぶんだ。苛まらせているのは自身なのに、そんなふうにいうのは、愚の極みだとぶつくさ、疼きつづけるのは傷かメダカか未だ見ぬものか。



仕事が決まりそうだったけれど、うまく事は運ばないものなのか。

猫が、かわいい。よくわからなくて。亀が、かわいい。わかりやすくて。形、手触りがあって、温度、匂いがある、なんかすごいなっておもう。通じない言葉は、どうでもいいと、たったいま感じた。



やわらかい芯を、目的にしよう。わたしの立てた標識は、いつのまにか変化する。立てずして在るものが、在り続けることのほうがおおいのは、きっと自然にうまれて自然に去るからなのかもしれない。輪廻が重なり、うごきつづけているのがみえるみたい。




たまごがひとつ。

ここに重力は無いようだ。

遠近感もつかめない。

両手で包んでいたはずなのに。

かたいかやわらかいか、

うすいかぶあついのか、

手触りもわからない。


「 冷静に、」

耳元で誰かがささやく、

よくしっている声だ。

そう、冷静に。



たまごがひとつ。

中身は?

からっぽかもしれない。

可愛らしい雛が眠ってるかも。

それとも、角をはやした緑色のあいつが、潜んでいるのかも。鋭い角の先で殻の内側からちいさな穴をあけて、真っ黒い目でこちらをみているのかも、息をころして。



踏み潰そうか、思いきり。



「 ねえ、聞こえてる?」

うん、よく聞こえてるよ。





シトロン





自分が固執していた価値観みたいな部分が、ぐるっと変化した。こびりついてはなれなかった欲求が、ぺりっと剥がれたような感覚で、すごくふしぎだ。だけど、だから、ほんとうになんでもできる気がしている。ちょっとだけさみしくて、うれしい。きているものを、ぜんぶ、脱ぎたいようなきもち。



バスクのひつじ




まいにち、おもうことがある。まいにち、おもうひとがいる。まいにち、することがあって、まいにち、どうにかいきている。きょうのスパイスは、鯨の声と、アルコール。



お元気ですか?

わたしは、元気とかそうじゃないとか、どちらともいえないのだけど、だいたい、だいじょうぶ。

箱の中からでてこない亡霊は、シュレディンガー疑惑をかけられているところ。遠隔操作、幽体離脱、エクトプラズム、髪の毛と爪、水中実験。



肉体に纏っている目にはみえないものって、海の満ち引きみたいに、いつのまにか変化している。あれ、ここどこだっけ、って、とつぜんおもったりして、まあやるしかないな、なんて、諦めにも似ているふうな心持ちで、ふらふら、歩を進めたりして。





朝から雨が、降り続いてる。

夢の中でも、降っていた。待ち人のこないまま走り出したタクシー、同級生たちのまだらな声、訪れた夜はこれからだったのにと目がさめておもった。


さっき洗濯をしようと、カゴから服をぽいぽい取り出していたら、恋人の靴下が発酵していて、ひとり顔をゆがめてわらってしまった。チーズも、とびきりくさいのが、すきだなとおもって。いきているにおい。




数日前、万華鏡みたいなひとに出逢った。するする、じぶんの口からことばがでてきて、ふしぎだった。すごく、うれしい。


遊び道具を手にいれてしまったわたしは、今にもお湯が沸きそうなきぶんです。たのしみなことが、いくつもあるんだ。春は、まだかな。