読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラッパー




おなかへった。

どうしておなかはなるんだろ、と、いつもふしぎにおもう。生物学的に、ということじゃなくて、

どうしておなかはなるんだろ。

だれかにきいてみよう。



いろんなことがあって、いろんなことがあった、きっとこれからも、あるんだとおもう、ぐるぐる。まあ、だいじょうぶだとおもう。刺激は、麻痺していくのかもしれない、もっと、もっと、ってなって、よくばりだなあって。だけどひとつひとつ、ちがうから、くらべることはないんだ、たぶんね。矛盾してる?たぶんね。



ここしばらく、ビリヤニを食べることがよくある。というのも、わたしがビリヤニビリヤニ騒いだりしているから、そうしてビリヤニの乱が。ちょっと前は、カレー祭り、ラーズーチー騒動、んんん、しあわせ。つぎはなんだろ、と想像しつつ、頭の中はビリヤニまみれ。だれも村八分にはしないぞ、なあ、食材くんたちよ。いつもありがと。



けっこう、重大な決断をした。

きめた、というより、きまってた、のだと口にした瞬間にわかった。ごにょごにょ、あるけれど、わたしはわたしにただしいとおもうことをやっていたい。それは外界に対しても。フィルターは何色か、それは重要かもしれないけれど、あるひとつのスパイスのようなものだとおもう。やるだけ。やりつづける。やるんだ。



へんなこと、おもいついちゃって、それから、穴を探してる。歩きながら、自転車に乗りながら、探してる。

いい穴、ないかな。



つづいていくこと、って、なんか、すごい。かさなっていって、いまだに、ソワソワする。バウムクーヘンは、喉がつまるから、そんなに得意じゃないけど、そんな、かんじ。色とりどりの、マイバウムクーヘンライフ。




ハロー、ごきげんいかが?




テクスクト・テクスクト



もしも目が視えなくなったとしたら、眠りのあいだにみる夢も、なくなるのだろうか。



身震い、って、ちょっとたのしい。



マルバユーカリの葉っぱのにおいは、だいすきなあのハーブのにおいとよくにてる。刻んでスープにいれたらどうだろうか、コアラじゃないわたしは、お腹をこわすかもしれないけれど。



そう、もしも目が視えなくなったとしたら、だけどきっと、どうにかなるだろう。たしかにすきなもの、が、まだいくつかわたしにはあるから。



何年もほとんど毎日身につけていたピアスの片方をなくしてしまって、すごくかなしい。いまごろどこにいるんだろう、


生活したい、ふとおもった。

どういうことか、わからない。



ときどき、身体の中が、鳴る。

小石や木の実を幾つか入れて、坂を転がってみたらたのしいかも、そんなことを想像したりして。



チュパカブラネッシー、クロッポコ人、座敷童子、とか、そう呼ばれている未確認生物?妖怪?たちは、自分たちがそんなふうな名で呼ばれているのをご存知なのかしらん。イエティって、かわいい名前だとおもうから、もし遭遇したら話してみよう。でも、イエティ語ってのがあるのかも。それに彼ら、肉食っぽいよね。



たまらなくおいしいものをみつけると、それをたらふく食べたくなってしまう。いつか友人たちと呑んでいる席でクアトロフォルマッジを3枚頼んで文句を言われたことがある。同じピザ3枚も食うかよ、と。しかし先日、当店にて同じピザを立て続けに4枚注文してくれた方々がいたのでわたしは歓喜した。わかるよ、うんうん、わかります、おいしくつくらせていただきますですシェイシェイ、と頷きつつ、ピザを焼いたのであーる。



冷蔵庫の中からは扉があけられないから、入っちゃあぶないとおしえてもらった。はーい。



いろんな映画の話をできる相手がいるのはうれしい。もくもくとずっとひとりで観ては思い探りを繰り返していたような年月だったけれど、一歩、輪っかの外に出た気分になれたりして。ソワソワして、じゃあまたね、って輪っかの中に戻って、



ずいぶんと髪が伸びた。

3年前に、腰まであった髪をばっさり切った日のことを思い出した。風がつよくって、切りたての襟足がくすぐったかったきおく。



パンダのやつ、やっぱり乗りたいな。



恋人がなにかうたっているのを耳にすると、顔面がにこにこしてしまうという身体的反射。細胞の反応。ふしぎ。



わたしはわたしをスプーンで掬ってあげたい。ゆうべから、頭が痛くて、あのこのことをおもいだしてた。


ハロー、ハロー、











わたしのぶどうの木




カンパリのゲロを吐きながら歩いていた夜、ふときづいた。OBEYの正体、それは自分自身なのではないか?


フィルター、についてしばらく思考していたのも、日常の断片、サッと一瞬視界に入った他人の発言の記憶から派生したものではないのか。それにきづいたしゅんかん、オー、ちいさく声がでた。夢ともよく似ている。



カンパリのゲロは甘くて苦い。

ほとんど何も食べていない胃袋に流し込んだという行為は、幼少期に地元のちびっこ相撲大会でちょっと名をあげて脳みそばかりに脂肪をつけた大人が連勝続きの現横綱に挑んで猫騙しでコロっと転んで敗北した、みたいなかんじ。もう、完敗。はっけよーい、のこらなかった、カンパリの海。


新宿から池袋まではけっこう近い。9kmとちょっと、くらい。

歩いていたら着いていた。

そう、歩いてたら着いた。

人との出逢いもよく似てる。


あとになってきづく、ということは、ごくごく自然なことかもしれない。だって、刺激があって感じるんだろう、とおもうから。穏やかな時間が噓偽りなんだとしたら、それはものすごくおだやかなのかもしれないとおもうんだよね。まち、とか、くに、とかよりもっととおく?からみるようなきもちを想像してみると。

だけどいるのは、ここ、なのね。

そういう矛盾、かわいいなって。

自分のことじゃなくて。ひさしぶりにはなしたともだちのこと。



夢、とか、憧れ、って、むかしはもっときらきらしてみえた。みてた。

それがちがうふうにみえてきた、っていうのは、ちっともわるいようには感じてなくて、ただ、戸惑ってるいま。きらきら、したままなんだけど。

わたしは切り替えがはやい?から、よし、こっちいこう、っておもう、それもだめなら墓場まで連れてくから。

これは誰かに言っているんじゃない、備忘録でもない、肌に刻みつけたいようなもの、にちかいもの。



わたしはすごくよくばりで、そばにいてくれているひとをかなしませたりこまらせたりする。まいにちスパゲティしか食べれなかったらうんざりしちゃうかもなってわたしはおもう。いろんな食べ方、あるけど、そういうことじゃなくて。つまりわたしはうどんとか蕎麦とかフォーにもなりたいわけであって、

米ならジャスミンライスがいいな。

とかおもってしまうのだけど。



いつかこれをやりたい、とかぼやいていると、あっというまに月日は経つ。

だけど、それでもいいやとおもえることがまた、できちゃって。

やっぱり、生きるのはたのしい。




ありがとうかみさま、

ありがとうきみたち。





キッチンおばけ



にちようび、

ずいぶんとひさしぶりのひとと、あった。どうしてもいま、あうべきだとおもったのだ。


夜になりかけている渋谷駅前、行き交うひとびと、たましいたち、色とりどりにまじりあう成分たちは、気を澄ましてみると旋律のようなものに変換されるということにきづく。足音が雨音にきこえてくるような、


ある中華料理店にて、

おいしい料理やアルコールは、ぽろぽろ、ぽろぽろ、アタマの中身をほぐしては押し出すようだ。点と点をつないで、絵を描くみたいな時間だった。

ぽろぽろ、ぽろぽろ、


だれといてもひとりだけれど、ひとりでいてもだれかといられるような、そんなきぶんになって。このひとと、ともだちでいられて、よかったな、そうおもった。


かたい握手は、またね、のしるし。

ありがとう。




さいきん、恋人がよくカレーやステュウをつくってくれる。それがものすごくおいしいもんで、いつもほっぺたが行方不明になる。キッチンに立つ姿をみていると、たのもしいな、とおもう。ねむっているのをみていると、猫かな、とおもう。音をかんじているのをみていると、ちきゅうかな、とおもう。



わたしはわたしがよくわからないままだけれど、この夏を、すきだとおもってる。ふしぎであーる。



みじかい爪先を、研ぐ。




ヘルヴェチカ



「この近くにディグダ、いるよ」同僚がそうわたしに言ったしゅんかん、もうずいぶんと会っていない友人のことをおもいだした。チンザノロッソ、アイスクリーム、2匹のアフリカツノガエル、名前はアイロニーとリザベル、clinic、カマドウマ、水槽の中を泳ぐ縞々の魚、東京の空にインサートした中指、
いつか友人が口にした、「ディグダに踏み潰されたみたいな気分だよ」そのときわたしは、友人を踏み潰した存在がどんなものだったのかわからなかった。それにまだ、わかっていない。ディグダは姿を現さずに立ち去ったのだ。くやしー。

その友人は地元に帰って僧になったとか、海外で妙ちくりんな写真を撮り続けてるとか、他にもいろいろ風の噂で耳にしたけれど、ほんとうのことはなにもしらなくて、どうしてるかな、とぼんやりおもった。



ゆうべ、ものすごくすてきな報告があって、それからずっと顔がにこにこしてしまっている。じぶんのことじゃないのに、じぶんのことみたいにうれしいきもちになっていて、すごくふしぎだ。
アゴを割ったキューピッドに矢を射たキューピッドは?なんて、ひとりもくもくかんがえてみたりして。とにかくすごく、うれしい。うれしい?うれしい。


1年という月日はあっというまに。幸せ太りというのはあるのだなと身をもってしったし、季節の温度とか色や音がくっきりと浮かぶ日々があり、愛亀くんもぐんぐんおおきくなって、

いいこともわるいこともあって豊かといえるのかもしれないと、いまはなんとなくおもう。

帯締めたり緩めたりして、いきましょ。ねこのように、のびやかに。







東京



東京はかなしい、そしてうつくしい。


泥酔して失くした記憶たちはどこにいくんだろうか、そう呟いたら、死ぬ間際に走馬灯がみえるとしたらそこでみえたりするんじゃない?と、誰かが笑ってた。

よみがえるものと、よみがえらないもの、がきっとあって、そこの線引きはきっと無意識で行われているのだろう。

指先から紡がれていく感情は、どんな成分であっても確かで、偽りでも誠でも、すべてがまるみをおびた真実なのだろう。


ひらかれることもなく、誰かの手によってゴミ箱へ捨てられた手紙の行方は?

東京はかなしい、そしてうつくしい。
そう、わたしの底からおもえる。
隣の芝生が赤くみえる。
自由でいよう。








エーテル



どうしたの?頭の中で、蛇が問う。どうもしないよ、わたしは答える。


わたしにとっての宇宙を、わたしはずっとしっていた。それにきづいてしまったしゅんかん、スプーンで掬われたようなきもちになった。生と死は背中合わせで、だからこそ、いま、生きていられているのだと、わかったんだよね。真意は、わかるひとはわかるし、だれにもわからなくても、いい。
ずいぶんと、歩いてきた、景色は変わっているようで、時は停まっているようで、それでも季節はめぐって、月はかくれんぼ、そして、或る花弁はこぼれて、



甘えさせてくれる場所や人、そういうやわらかいものをかんじるとき、じぶんがとげとげの石になったようなきもちになる。やけくそになってぶつかると、相手まで、けが、しちゃうじゃない、だから削るかっていうと、そうでもなくて、だから、転んだり喚いたり傷つけたり。削れるものは削れていくけど、転がっていく選択肢もあるし、留まるのも。他にもたくさん。


なにがきらきらしてみえるか、っていうの、すごく、だいじだとおもった。

口だけのやつはきらい。
だから、わたしはわたしをすきになれないままなんだ。はずかしい、がやっと、発酵してきている。ありがと。