読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



たまごがひとつ。

ここに重力は無いようだ。

遠近感もつかめない。

両手で包んでいたはずなのに。

かたいかやわらかいか、

うすいかぶあついのか、

手触りもわからない。


「 冷静に、」

耳元で誰かがささやく、

よくしっている声だ。

そう、冷静に。



たまごがひとつ。

中身は?

からっぽかもしれない。

可愛らしい雛が眠ってるかも。

それとも、角をはやした緑色のあいつが、潜んでいるのかも。鋭い角の先で殻の内側からちいさな穴をあけて、真っ黒い目でこちらをみているのかも、息をころして。



踏み潰そうか、思いきり。



「 ねえ、聞こえてる?」

うん、よく聞こえてるよ。